薄毛に効果的なのは硬水?軟水?下痢には?

硬水 軟水

薄毛に悩まれている方が、水を飲むとしたら、硬水と軟水どちらが良いのか、下痢にならないのは?気になりませんか?

 

人間の約80%は水分で出来ています。毎日飲む水を薄毛に効果的に作用させることが出来れば、あなたの悩みも解消するかもしれません。

 

硬水 軟水

薄毛に効果的なのは硬水!

 

普段飲み慣れているのは軟水ですよね。

 

軟水には髪や肌、成長に必要不可欠なミネラル成分が微量しか含まれていないのに対して、硬水にはミネラル分が豊富に含まれています。

 

ですので、薄毛に悩まれている方は硬水を飲む習慣を付けると良いでしょう。

 

しかし、硬水には下剤にも含まれているマグネシウムが豊富に含まれていますのでお腹を下しやすくなることがありますので、初めから大量に飲むのではなく、徐々に身体を硬水に慣れさせながら飲まれると良いかと思います。

 

また、マグネシウムには、精神的なストレスを緩和させる精神安定の要素もあります。

 

薄毛にはストレスも重大にかかわってきますので、ストレスフリーな生活を心掛けて下さいね!

 

硬水 軟水

硬水を下痢にならずに飲む方法!

 

硬水は身体に合う人と合わない人がいるかと思います。

 

一度に大量に摂取したり、身体を硬水に慣れさせないでいきなり飲んでしまうと下痢になりやすいかもしれません。

 

どうしたら硬水を下痢にならずに快適に飲む事が出来るのでしょうか?

 

調べて見ました!

 

硬度の低いものから試していく

 

硬水は硬度120mg/L以上が硬水とされています。

 

いきなり硬度の高い硬水を飲むのではなく、徐々に硬度を上げていくのも良い方法かと思います。

 

これに準じて、硬水に軟水や炭酸水を混ぜて飲んで見ても良いかと思います。

 

硬水独特の飲みにくさも緩和できるのでおススメです。

 

硬水を飲む回数を制限する

 

摂取する全ての水を硬水に変えると下痢になりやすくなるかもしれませんので、一日に摂取する水を、硬水と軟水に分けながら飲まれた方が下痢になりにくいかと思います。

 

飲む量を数回に分ける

 

喉が渇いたからといって大量に硬水を飲むと身体がビックリしてしまうかもしれません。

 

慣れていない内は一回に飲む硬水の量を少なくし、徐々に多くしていくことで下痢対策に繋がるでしょう。

 

硬水 軟水

まとめ

 

ここでは、薄毛には硬水と軟水どちらが効果的かについて書いていきました。

 

薄毛には硬水が良いかと思います。

 

しかし、身体が慣れていない内は硬水を飲むと下痢になりやすいですので、注意が必要です。

 

あなたの悩みが解決されることを願っています。

 

硬水 軟水