硬水で肌が荒れる?

硬水 軟水

硬水で洗顔やシャワーを浴びると肌が感想したり、カサカサの原因となってしま

うのはご存知ですか?

 

髪や肌、成長に必要なミネラル分が豊富な硬水には意外な落とし穴があるのかもしれません。

硬水 軟水

硬水を使用すると肌荒れに?

 

硬水にはカルシウムマグネシウムなどのミネラル分が含まれています。

 

硬水の中のミネラルは、石鹸に成分と化学反応を起こし、脂肪酸カルシウムなどの石鹸カスと呼ばれる物質を作ってしまいます。

 

この石鹸カスが肌に付いてしまうと、肌が乾燥しやすくなってしまったり、カサカサの原因となってしまうのです。

 

また、硬水は軟水に比べて泡立ちが悪いのも特徴です。

 

その為泡立てようと肌をこすり過ぎてしまったり、肌ダメージの原因となってしまうので、硬水で洗顔やシャワーを浴びるのはあまりおススメできません。

 

硬水 軟水

海外では硬水の地域も?

 

日本に住んでいて水道水から硬水が流れてくることはないかと思います。

 

ですので、ミネラルを摂取しようと生活用水を硬水に変える必要はありません。

 

しかし、海外では生活用水が硬水の所もあるようです。

 

ヨーロッパやドイツ、アメリカやカナダ、中国などの一部では硬水が水道水から流れてくる地域もあるので、もし海外に旅行した場合には、注意して下さいね!

 

硬水 軟水

もし硬水の地域に旅行するとしたら?

 

硬水しかない地域に旅行に行く場合、どうスキンケアをすれば良いのか考えてしまうかと思います。

 

硬水を浴びたまま放置してしまうと、肌荒れや乾燥の原因となってしまいます。

 

ですので、なるべく定期的に保湿することを心掛けましょう。

 

硬水は石鹸の中に含まれている成分と化学反応をしてしまうので、石鹸を使用しない、もしくは植物性の石鹸を選ぶようにすると効果的かもしれませんね!

 

近年では硬水を軟水に変化させるシャワーも販売されているみたいなので、旅行の際にはそちらもチェックしておいた方が良いかと思います。

 

それでも不安な方は旅行先を変更して、硬水ではない場所にするのが良いでしょう。

 

肌荒れや乾燥をほっておくと、ニキビや湿疹、炎症にもなりかねません。

 

肌の強い方なら良いですが、敏感肌やアトピー肌の方は十分に注意が必要です。

 

硬水 軟水

まとめ

 

硬水は、石鹸と混じることで、乾燥や肌荒れの原因となることが分かって頂けたかと思います。

 

あなたの肌を守るのはあなた自身です。

 

いつも美しい肌を維持する為にも、ここで紹介したことは心の片隅にでも置いておいていただけると良いかと思います。

硬水 軟水